今こそ学ぶべき電力自由化のお得情報

電力自由化となり、各家庭は利用する電力会社を選べるようになりました。すでに500社以上の電力会社が誕生しています。各地域によって利用できる電力会社は異なっていますが、沖縄を除いては、どこも複数あります。ほとんどの地域で2桁以上の会社が電力を供給しており、利用者を募っています。申し込む際は、仲介会社のキャンペーンを利用したほうがお得です。キャッシュバックや商品券などのサービスがあるからです。電力会社のホームページから申し込むと、ほとんどキャンペーンはないか、あっても特典が少ないことが多いので、比較サイトなどから申し込んだ方がお得となります。電力自由化は始まったばかりで、新規参入会社は、顧客を得ようと競争しています。今後も競争が続く場合、利用者はさらに大きなメリットを受けやすくなるでしょう。

電力自由化で数多くの会社が新規参入

電力自由化によって、数多くの会社が一般家庭に電力供給をすべく新規参入しました。各社とも、さまざまなプランを設けて顧客獲得に動いています。中には、比較サイトから申し込んだ利用者に、キャッシュバックや商品券プレゼントのキャンペーンをおこなっている会社もあります。これは通信の自由化によって、電話やパソコンのプロバイダー契約についてもおこなわれてきたことですので、自然な流れと言えるでしょう。電力会社を新規参入会社に変更するときには、電力会社のホームページから直接申し込むより、比較サイトから申し込んだほうが、特典が多いのでお得です。新しい電力会社は、通信やガスなどの会社も多く、そうした会社では、通信やガスと一緒に契約することで、電気料金を安くする傾向があります。

情報量の多い人ほど得をする状況に

電力自由化がなされる前は、情報量によって差が出るということはありませんでしたが、自由化後は、情報量が多い人ほど得をする状況となっています。これは日常の買い物でも起こっていることで、特にデメリットというほどのことではないでしょうが、ライフラインについてもそうなったことに、戸惑いを感じる人もいるかもしれません。また、自由化によってもたらされたお得プランというのは、電気使用量の多い世帯向けのものが多く、電気使用量が少ない世帯には、特にメリットがないようです。携帯電話やパソコンのプロバイダー契約を同時におこなうと、割引率が高くなるプランも多く、そうしたことをしない人は、やはりメリットがありません。今後は、こうした状況にも変化が出てくることが期待されます。

コメントは受け付けていません。